クレジットカードとカードローンに関する情報満載

クレカードローンZ

クレジットカード ゴールドカード コラム

dカードGOLDのケータイ補償は優秀?画面割れ・バッテリー交換や水没でも使える?

更新日:

「dカードGOLDのケータイ補償は画面割れやバッテリー交換も対象?」

「dカードGOLDのケータイ補償とドコモのケータイ補償との違いは?」

「dカードGOLDのケータイ補償の使い方は?」

iPhoneの大幅値上げのニュースもあり、10万円前後するスマホを購入する際にはケータイ補償やケータイ保険に加入しようと思っている方も多いでしょう。

ドコモのスマホをお使いなら、dカードGOLDのケータイ補償は非常に優秀でコストパフォーマンスの高いサービス。
しかし、dカードGOLDのケータイ補償で画面割れ・バッテリー交換や水没なども対応してくれるのか気になってしまいますよね。

今回は、dカードGOLDのケータイ補償の補償内容や、ドコモの他のスマホ保険との違い、ケータイ補償の使い方を解説します!

目 次

dカードGOLDのケータイ補償は修理保証は無し!

dカードGOLDには、最大10万円までの「dカードケータイ補償」が付帯している点が大きなメリットです。

しかし、ドコモのケータイ補償目当てでdカードGOLDを作ろうと思っている方には、知っておかなければならない注意点があります。

dカードGOLDに付帯するdカードケータイ補償の補償範囲は以下の通り。

  • 紛失
  • 盗難
  • 修理不能の全損

ですので、修理可能な故障の場合は補償の適用外となり、実費での修理が必要となります。

修理可能な画面割れやバッテリー交換の場合は、dカードGOLDのケータイ補償で補償を受けることはできませんので、注意しておきましょう。

ドコモケータイの保険3種類を比較! dカードGOLDがあれば他の補償サービスはいらない?

ドコモユーザーの場合、主に下記の3つの保険サービスでケータイの補償を受ける事が出来ます。

  • ドコモケータイ補償
  • dカードGOLDのケータイ補償
  • AppleCare+

それぞれのケータイ保険サービスで、補償の対象や補償範囲に違いがありますので、自分に合った保険サービスを選択するようにしましょう。

補償内容の違いは?

「ドコモケータイ補償」と「dカードGOLDのケータイ補償」「AppleCare+」では、それぞれ補償内容が異なります。

ここでは、各保険サービスの保険料、補償内容を比較してみましょう。

  dカードGOLDケータイ補償 ドコモケータイ補償 AppleCare+
月額料金 カード年会費11000円(税込) 月額825円(税込) 月額580円~1600円(税込)
補償回数 1年に1回まで  1年に2回 1年に2回
補償期間 購入から3年間

購入から1年以内の自然故障はメーカー補償なので、

購入から1年を超えた自然故障が補償になります。

キャンセルするまで補償期間が継続

補償限度額 最高10万円

交換が1回11000円

iPhone以外は7500円

修理は5000円までです。

自己負担額3700円~12900円(税込)

全損 補償  電話機交換(11000円) 自己負担額12900円(税込)
盗難・紛失 補償  電話機交換(11000円) 自己負担額12900円(税込)
画面割れ・破損・故障 修理不能のみ補償  修理(5000円まで) 自己負担額3700円(税込)
水漏れ・水没 修理不能のみ補償  修理or電話機交換 自己負担額12900円(税込)
バッテリー交換 対象外  対象外 無料

dカードGOLDの11000円(税込)は、あくまでもカードの年会費であってケータイ補償の保険料ではありません。

ドコモケータイ補償では月額825円(税込)、AppleCare+ではお使いのiPhoneの機種によって580円~1600円(税込)の保険料がかかります。

各ケータイ保険サービスの年間の保険料を比較してみましょう。

  • dカードGOLDケータイ補償:0円(dカードGOLD年会費11000円(税込))
  • ドコモケータイ補償:9900円(税込)
  • AppleCare+:6960円~19200円(税込)

AppleCare+の保険料は、お使いの機種によって異なります。

  AppleCare+ AppleCare+盗難紛失プラン
iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Max 1480円(税込) 1600円(税込)
iPhone 13, iPhone 13 mini, iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 11 1180円(税込) 1280円(税込)
iPhone SE(第3世代) 580円(税込) 700円(税込)
dカードGOLDのケータイ補償の対象となるのは、dカードGOLDに携帯電話番号を紐づけたスマホ・タブレットのみです。AppleWatchは補償の対象外となりますので注意が必要です。

3つのケータイ保険サービスの特徴まとめ

「ドコモケータイ補償サービスfor iPhone」

全損から画面割れ修理まで広く補償

画面割れなどのちょっとした修理から、買い替えの為に備えるなら間違いなくこちらです。

dカードGOLDのケータイ補償」

完全な全損や盗難紛失で、新しい端末に買い替る時のみ端末代を補償

全損、盗難紛失で新しい端末に変えなければならなくなった時の為ならこちらがおすすめです。

「AppleCare+」

画面割れの修理の場合、ドコモケータイ補償サービスよりも割安

バッテリー交換が無償対応となっているのは、3つのケータイ保険サービスのうちでAppleCare+のみ

dカードGOLDのケータイ補償は、ゴールドカードの付帯サービスのひとつとなっており、別途保険料が必要無い反面、修理不能の全損のみが対象と、補償の対象となるのは一部のみとなっています。

スマホの故障で圧倒的に多い、画面割れの修理を補償してくれるサービスを探している場合、ドコモケータイ補償、またはAppleCare+に加入しておくようにしましょう。

また、iPhoneをお使いの場合、バッテリー交換が補償の対象となるのはAppleCare+のみとなっています。

ケータイ保険とは言っても、3つのサービスでは補償内容が大きく違います。dカードGOLDのケータイ補償は全く別物の保険だと考えた方が良いですね。端末を交換しなければならなくなった時だけ役に立つ保険です。

状況別!有料の補償サービスとdカードGOLDの補償どちらがお得か?

比較表で見て頂いた通り、補償項目が全く異なりますので、単純にサービスを比較する事は出来ません。

dカードGOLDのケータイ補償は全損、紛失のみの補償となっていますので、修理可能な破損や故障では使用できない点に注意が必要です。

状況別にどちらがおすすめかをまとめました。

全損・盗難・紛失の場合

全損で新しい端末に交換しなければならない場合に備えておくなら、間違いなくdカードGOLDケータイ補償です。

dカードGOLDケータイ補償では、最大10万円までの補償を受けられますので、10万円以下で収まれば持ち出しの支払いは無くて済みます。

「ドコモケータイ補償」の場合は11000円を支払って同機種同カラーの中古端末と交換してもらう事が出来ます。また、AppleCare+では、全損の場合12600円の自己負担が発生します。

中古端末と交換するよりも新品への交換が良いに決まっています!ですので、全損・盗難・紛失の場合は圧倒的にdカードGOLDのケータイ補償がおすすめです。

ケータイ画面割れ・故障・破損の修理の場合

dカードGOLDケータイ補償には修理の補償はありませんので、画面割れや故障・破損の修理に備えるには、有料のドコモケータイ補償、またはAppleCare+に加入しておく必要があります。

画面割れの修理の場合、

  • ドコモケータイ補償:上限5000円
  • AppleCare+:3700円

の自己負担で修理することが可能です。

スマホの修理業者などで画面割れを修理する場合、約1万円前後の修理代金が必要ですので、格安で修理できることが分かりますね。

画面割れや故障などの「修理で直るトラブル」は最も起こりやすい事例なので、有料のケータイ保険サービスを備えておくのがベストです。

水漏れ・水没の場合

最近のスマホは防水になっている物も多いので、水漏れや水没は修理で直る場合もあります。

しかし、やはり精密機器という事もあって水には弱いので水没は全損になる可能性も高いです。

水漏れ・水没の場合は、修理・交換のどちらの補償でも受けられるようにしておいた方が良いですね。

バッテリー交換の場合

3つのケータイ保険サービスで、バッテリー交換が補償の対象になっているのはAppleCare+のみです。

AppleCare+では、iPhoneのバッテリー蓄電容量が80%未満に達している場合、無償でバッテリーを交換することが可能です。

AppleCare+に加入できるのはiPhoneをお使いの方のみですが、消耗品のバッテリーが補償対象になっているのは嬉しいですね。

dカードGOLDのケータイ補償が向いている方

dカードGOLDのケータイ補償は、有料のケータイ保険と比べて補償が適用される範囲は狭くなっています。

補償の適用条件や補償の範囲から、dカードGOLDのケータイ補償が向いている方は以下のようなタイプの方となっています。

  • スマホを紛失してしまいがちな方
  • 新しい端末が出ると買い替えたくなる方
  • 毎月保険料を支払うのが無駄に感じる方

dカードGOLDのケータイ補償では、紛失・盗難の場合も補償の対象となります。

また、dカードGOLDのケータイ補償の補償期間は3年間ですので、新しい端末が出るタイミングで買い替えをする方なら補償期間を気にする必要はありませんね。

また、dカードGOLDのケータイ補償の最大のメリットが、dカードGOLDの年会費のみで保険料0円で補償を受けられる点です。

毎月、使うか分からない保険の代金を支払うのが無駄と感じる方にはおすすめできますね。

dカードGOLDのケータイ補償条件

dカードGOLDのケータイ補償を受ける為には様々な条件を満たしていなければなりません。

条件を満たしていない場合、せっかくdカードGOLDを持っていても補償を受けることができませんので注意が必要です。

dカードGOLDで端末代金を支払った分が補償対象で分割は対象外!

dカードGOLDのケータイ補償では、交換端末購入時の支払いにdカードGOLDで支払った金額のうち、上限10万円までが補償の対象となります。

ですので、端末の代金を分割にした場合は対象外となります。毎月の分割金をdカードGOLDで支払ったとしても、分割支払い分は対象外となりますので注意が必要です。

他には、端末代金のうち、ポイントでの支払い分も補償対象外になります。

支払い金額のうち、補償の対象となる金額の例を挙げてみましょう。

Q 10万円の端末代で3万円を頭金としてdカードGOLDで支払って残り7万円を分割にした場合は?

A 補償の対象・限度額は3万円となります。

Q 10万円の端末代で、4万円分のポイントがあったのでポイントを使い、残り6万円をdカードGOLDで支払った場合は?

A 補償の対象・限度額は6万円となります。

とにかく、端末を購入した時にdカードGOLDで支払った金額が補償の対象となります。毎月の分割払い分は対象外となります。

盗難・紛失・水漏れ、全損など交換以外に手が無い状態の場合のみ

Appleストアや正規プロバイダに見てもらって、修理で直る可能性が少しでもあると判断された場合は対象外です。

dカードGOLDのケータイ補償は、偶然の事故による全損や、盗難紛失時の端末の再購入代が補償される保険ですので、修理可能の故障や破損では補償を受けられません。

盗難・紛失・火災の場合は警察などへ被害届等を出している事

盗難や紛失などで手元に端末が無い場合や、火災により修理不能の全損となった場合、警察への被害届や消防署への事故届けなどを出す事が補償の条件となっています。

過去1年以内に別の事故で補償適用を受けていない事

dカードGOLDのケータイ補償は、補償回数が年1回となっていますので、過去1年以内に補償を受けている場合は補償を受ける事ができません。

補償の上限は最高10万円までとなっていますが、例えば、2万円の補償しか受けていない場合も補償回数がカウントされてしまいますので、その後1年間は使えません。

天災での破損ではない事

天災による破損は対象外です。

天災とは、地震、噴火、津波、洪水、台風、暴風雨、豪雨、高潮、その他風水災の事を指します。

事故日から60日以内に手続き完了

ドコモ所定の書類を事故発生から60日以内に提出して手続きを完了させなければ、補償の対象外となってしまいます。

事故発生後は速やかに手続きを始めた方が良いですね。

補償方法

dカードGOLD利用代金から補償相当額を割引する形で補償されます。

例えば5万円の補償を受ける場合、dカードGOLDで5万円の交換端末を購入し、dカードGOLDの利用請求分から5万円が相殺されます。

dカードGOLDのケータイ補償のメリット

dカードGOLDのケータイ補償には、5つのメリットがあります。

  • 補償期間が3年間と長い
  • 最高10万円までの補償を受けられる
  • 家族カード会員のドコモケータイも補償の対象
  • ahamoスマホでも補償を受けられる
  • 1年に1回補償を利用できる

3年間の補償

dカードGOLDのケータイ補償の補償期間は、補償の対象となる携帯電話端末の購入後3年以内となっています。

一般的に、購入から1年以内の自然故障はメーカー補償の対象となりますので、購入から3年間の長期補償が受けられるのは安心ですね。

最高10万円まで

dカードGOLDのケータイ補償では、新端末の購入金額(または頭金、および事務手数料)のうち、最大10万円までの補償を受けられます。

ドコモオンラインショップで確認しても、10万円を超える機種はiPhone12以降をはじめ一部の機種のみですので、ほとんどの場合、自己負担無しで新しい端末に買い替えることが可能です。

>>参考:ドコモオンラインショップ

家族カード会員も補償対象

家族カード会員も、dカードGOLDのケータイ補償を本会員と同様の内容で受ける事が出来ます。

dカードGOLDの家族カード年会費は無料となっていますので、夫婦二人のケータイ電話の全損補償を備える事が出来るのは大きいですよね!

ahamo契約者も補償の対象

dカードGOLDのケータイ補償は、ドコモの格安プラン「ahamo」を契約している方も対象となります。

ahamoでは、月額2980円(税抜)で20GBのデータ通信を利用できる格安プランですので、プランの変更を検討している方にも嬉しいですね。

事故発生から1年経てば補償を再度利用できる

dカードGOLDのケータイ補償は、年間1回まで補償を利用することが可能です。

補償期間は最大3年間となっていますので、レアケースだとは思いますが、毎年スマホを全損・紛失してしまう方なら最大3回、最大10万円の補償を利用できる計算になります。

dカードGOLDのケータイ補償デメリット

dカードGOLDのケータイ補償には、3つのデメリットがあります。

  • 補償手続きに手間がかかる
  • 端末代金を分割払いで購入した場合は対象外
  • 修理可能な破損・故障は補償の対象外

審査あり&補償を利用する手続きが面倒

dカードGOLDのケータイ補償には審査があり、手続きをして補償申請を出すのに手間がかかってしまいます。

特に、iPhoneで補償を受けたい場合は、アップルストアや正規プロバイダーで「全損証明書」を貰って提出しなければなりませんので、アップルストアが近所に無い場合は大変です。

盗難や火災で紛失した場合は、警察への被害届、消防署への届け出なども必要となり、何かと手間がかかってしまう点がデメリットです。

分割払いで購入した場合は対象外

補償の対象は、新端末の購入代金をdカードGOLDで支払った金額に限られます。

分割の場合は頭金、事務手数料のみが補償の対象となり、ポイント支払い分や分割の毎月の支払い分は対象外となってしまう点には注意が必要です。

全損・盗難紛失のみが対象

dカードGOLDのケータイ補償の最大のデメリットが、全損や盗難・紛失のみが対象となっている点です。

スマホが激しく破損して故障していたとしても、ショップで修理可能と判断をされると1円の補償もされません。

スマホの破損で起こりがちな画面割れも、修理可能な破損ですので、補償の対象外となってしまう点には注意しておきましょう。

修理可能な破損のスマホを全損扱いにするために故意に破損させるのは犯罪行為です。最悪の場合、詐欺などで逮捕されてしまう可能性がありますので、絶対にやってはいけません

dカードGOLDのケータイ補償の手続きの流れ

ここでは、dカードGOLDのケータイ補償を利用する際の手続きの流れを解説します。

Androidスマホをお使いの場合

Androidスマホをお使いの場合の手続きの流れは以下の通りです。

  1. ドコモショップで補償申請を行う
  2. スマホが修理可能か全損かを判断してもらう
  3. 修理不能の場合、同一機種・同一カラーの端末をdカードGOLDで購入する
  4. 後日届く申請書に記入して事故後60日以内に返送する

補償の対象となる場合、dカードGOLDの請求金額から端末代金のうち上限10万円が相殺されます。

iPhoneをお使いの場合

iPhoneをお使いの場合の手続きの流れは以下の通りです。

  1. 故障したiPhoneをアップルストアに持ち込む
  2. iPhoneが修理可能か全損かを判断してもらう
  3. 補償対象外修理サービスで交換の場合、同一機種・同一カラーのiPhoneをdカードGOLDで購入する
  4. 後日届く申請書に記入して事故後60日以内に返送する

iPhoneでdカードGOLDのケータイ補償を利用する場合、アップルストアへの来店が必要となる点には注意が必要です。

dカードGOLDのケータイ補償の注意点

dカードGOLDのケータイ補償には、補償を受ける為のルールと制限がありますので注意が必要です。

60日以内に申請書を返送しないと補償を受けられない

dカードGOLDのケータイ補償を利用する際には、ドコモショップに補償申請の手続きをする必要があります。

補償申請の手続き後に申請書が届きますので、記入をして60日以内に返送しなければ補償を受ける事が出来ません。

後回しにしてしまわないように、申請書が届いたら速やかに記入して返送するようにしましょう。

新しく買う機種が選べない

dカードGOLDのケータイ補償では、補償対象の端末と同一機種・同一カラーのスマホの購入代金が補償の対象となります。

自分が持っていた機種やカラーと同じものが在庫で無い場合も、自分で選択することはできず、ドコモ指定の端末を購入することになります。

基本的には、補償の対象となる端末と同等のスマホが指定されますが、在庫状況のタイミングなどもありますので運次第と言えますね。

dカードGOLDの詳細

ここまで、dカードGOLDケータイ補償を解説してきましたが、ケータイ補償はあくまでも、dカードGOLDの多彩な特典の中の一つに過ぎません!

dカードGOLDはドコモユーザーなら絶対におすすめな特典が多いので、ケータイ補償以外の部分も少しだけ紹介しておきますね。

dカードGOLDのおすすめポイント!還元率10%

どこで使っても還元率最大1%(時間帯で変動)

入会キャンペーンがお得!

dポイントランクがゴールドステージ

  • (ドコモ電話料金・ドコモ光料金10%還元)
  • (ドコモケータイ補償)
  • (dカード年間利用額特典)
  • (ユニバーサルスタジオジャパンのドコモラウンジ無料利用)

ドコモ利用料金でdポイントが貯まる・使える(利用料金の10%)

マクドナルドで還元率3%

dポイントを電子マネーiDの利用代金に1ポイント1円として充当できる

国内外空港ラウンジが利用出来る

海外旅行保険が最高1億円(本会員と家族会員)

ドコモユーザーの場合、ドコモ電話料金・ドコモ光料金の10%がdポイントで還元される特典だけでも、dカードGOLDを作る価値があります!

家族カードに紐づけた家族のドコモケータイも10%還元の対象となりますので、夫婦で月間9200円以上ケータイ料金を支払っている方なら、dポイントの還元だけで年会費相当のポイントを貯められます。

ゴールドカードとしての機能も充実しており、空港ラウンジサービスをはじめ、海外旅行保険は重要項目である「傷害・疾病治療費用」が最高300万円と、安心の内容になっています。

 

さらに!

dカードGOLDは入会キャンペーンがお得なのでかなり激アツです!

 

dカードGOLDの入会キャンペーン最新情報、カード詳細はこちら↓↓

 

dカード GOLD入会キャンペーン2022年10月最新版!最大11,000ポイントプレゼント

「dカードGOLDの入会キャンペーンは本当にお得?」 「特典の獲得は簡単に出来るの?」 dカード G ...

続きを見る

dカードGOLDの基本情報

dカードGOLDの券面は、シンプルなゴールドで高級感があり、良い感じのデザインです!

年会費 11000円(税込
家族カード 1100円(税込)初年度無料
基本還元率 0.5~1%(時間帯により変動)
(特約店の利用で2~5%)
dポイントクラブステージ ゴールド
海外旅行保険 「死亡・後遺障害:最高1億円 」「傷害・疾病治療:最高300万円」
国内旅行保険 最高5000万円
Applepay 対応(iD割り当て)

家族カードが1枚目無料というのは嬉しいですよね。

家族カード会員も、本カード会員と同様のケータイ補償、ドコモ料金の10%還元などの特典を受けられますので、夫婦でドコモケータイをお使いなら作っておくべきゴールドカードです。

まとめ

dカードGOLDのケータイ補償は、ドコモのケータイ補償やAppleCare+とは補償の対象や範囲に大きな違いがあります。

ただし、dカードGOLDは、ケータイ補償の特典以上にドコモユーザーにとってお得な特典が多数ありますので持っておいて損の無いカードです。

両方入っておくことが一番のおすすめ

スマートフォンの一番多いトラブルは、やっぱり「画面割れ」や「破損」などの修理が可能なトラブルだと思いますので、やはり「ドコモのケータイ補償」または「AppleCare+」に加入しておいた方が間違いは無いでしょう。

まだdカードGOLDを持っていない方は検討してみてください。

今すぐチェック
↓↓

dカードGOLD公式サイト

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, ゴールドカード, コラム
-

Copyright© クレカードローンZ , 2022 AllRights Reserved.