クレジットカードとカードローンに関する情報満載

クレカードローンZ

キャッシュレス 共通ポイントが貯まる

TポイントとVポイントが統合して新ポイントに!日本最大級の共通ポイントが爆誕!

投稿日:

2022年10月3日に、共通ポイント「Tポイント」と、三井住友カードの「Vポイント」が統合に向けた準備を開始していることが発表されました!

TポイントとVポイントが統合されると、会員数日本一のポイントサービスが生まれることになりますので、ポイ活をしている方なら注目をせざるを得ないニュースです。

Tポイントのユーザーにとっては、ヤフーカードとのポイント提携解消などの暗いニュースが続きましたので、圧倒的な決済力を持つ三井住友カードのポイントとの提携は心強いですよね。

この記事では、TポイントとVポイントの統合に関するニュースをより深掘りして解説します!

 

TポイントとVポイントが統合に向けて基本合意!

2022年10月3日に、TポイントとVポイントが統合に向けた準備を開始したことが発表され、ニュースでも大きく報道されました!

  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • 三井住友カード
  • カルチュア・コンビニエンス・クラブ
  • CCCMKホールディングス

以上の4社がSMBCグループとCCCグループ間の資本・業務提携に関する基本合意書を締結したもので、2024年春に新ポイントのブランドが立ちあげられる予定となっています。

現在のTポイントとVポイント(三井住友カード)の会員数は以下の通り。

  • Tポイント:およそ7,000万人
  • 三井住友カード:およそ5,200万人

統合すると、単純計算で会員数は1億2,200万人となり、国内最大級の「ポイント・決済経済圏」が誕生する見込みとなっています。

Tポイントを含めた代表的な共通ポイント4社の会員数は以下の通りです。

Tポイント 約7,000万人
Pontaポイント 約1億人
楽天ポイント 約1億人
dポイント 約9,000万人

参考:第327回 NRIメディアフォーラム

現在、会員数約1億人を超えるPontaポイント・楽天ポイントの会員数を超える見込みですので、共通ポイントの勢力図にも影響は少なくないでしょう。

新ポイントはそれぞれのサービスで貯めることができるほか、Tポイントのアプリ・Webサイトで三井住友カードを公式カードとして会員募集を行うなど、様々な形で連携が行われます。

 

新ポイントが普及するには決済との融合がカギに!

TポイントとVポイントが統合して新たにリリースされるポイントでは、新スマートフォン決済サービスの展開も検討されているようです!

TポイントはYahoo!とのポイント提携を終了したため、決済サービスとの連携が非常に弱くなっており、Tポイントを利用できる新決済サービスの登場は全Tポイントユーザーの待望と言っても良いでしょう。

代表的な共通ポイント4社の決済サービスは以下の通りです。

  Tポイント Pontaポイント 楽天ポイント dポイント
クレジットカード au PAYカード 楽天カード dカード
QRコード決済 au Pay 楽天ペイ d払い
電子マネー Tマネー - 楽天Edy
携帯電話 au 楽天モバイル docomo
ECサイト au Payマーケット 楽天市場 dショッピング

参考:第327回 NRIメディアフォーラム

すでに、三井住友カードには、VポイントでApple Pay/Google Payで支払いができる「Vポイントアプリ」がありますので、Vポイントアプリを基にしたスマホ決済サービスがリリースされることも考えられます。

ポイントが普及するには、「貯めやすく」「使いやすい」ことが重要ですので、統合されるポイントがどのように利用できるようになるかにも注目が必要ですね!

 

Tポイントのお得な使い道

Tポイントは、1ポイント=1円として幅広い用途に使用することができます。

  • Tポイント加盟店で利用する
  • Tマネーにチャージする
  • 商品に交換する
  • Tポイント投資を行う
  • Tサンプルと交換する

ここでは、Tポイントの使い道について詳しく解説します。

 

Tポイント加盟店で利用する

※画像出典:Tカード公式サイト

最も手軽、かつ便利なTポイントの使い道が、Tポイント加盟店でのお買い物への利用です。

特に、「ウエルシア」では、毎月20日はTポイント200ポイント以上の利用で、1ポイント=1.5円としてTポイントを利用できますので、通常の1.5倍分のお買い物が可能です。

 

Tマネーにチャージする

Tカードにチャージして利用できる電子マネー「Tマネー」に、Tポイントを1ポイント=1円としてチャージすることが可能です。

TポイントからTマネーへのチャージの手順は以下の通りです。

  1. TマネーのWebサイトで「チャージする」を選択する
  2. Yahoo!JAPAN IDでログインする
  3. チャージするポイント数を入力して「次へ」を選択
  4. チャージするポイント数を確認して「チャージする」を選択

 

商品に交換する

Tポイントを様々な商品と交換することが可能です。交換できる商品は、Tカード公式サイトで確認することができます。

 

Tポイント投資を行う

「Tポイント投資」では、Tポイントを1ポイントから、1ポイント=1円として投資することが可能です。

ポイント運用サービスではなく、実際にTポイントで投資をすることができますので、ポイントで購入した金融商品を売却した際には現金で受け取ることができる点もメリットです。

Tポイントで投資をできるサービスは以下の通りです。

  • ネオモバ
  • SBI証券
  • bitFlyer
  • creal

 

Tサンプルと交換する

※画像出典:Tカード公式サイト

「Tサンプル」は、商品に関する簡単なアンケートに答えることで、新商品や話題の商品をお得な割安価格で試せるサービスです。

TポイントでTサンプルの商品を購入することができますので、貯まったTポイントで普段は買わないような商品を試してみるのも良いのではないでしょうか。

 

Vポイントのお得な使い道

Vポイントも、Tポイントと同様に1ポイント=1円として現金同様に活用することができます。

  • Vポイントアプリにチャージ
  • Visaプリペイドカードにチャージ
  • 三井住友カードの支払い金額にキャッシュバック
  • 三井住友銀行の手数料に充当
  • 投資信託を購入する
  • 景品や他社ポイントに交換する

ここでは、Vポイントの使い道について詳しく解説します。

 

Vポイントアプリにチャージ

Vポイントは、スマホアプリ「Vポイント」アプリにチャージして利用することができます。

Vポイントアプリは、クレジットカードや銀行口座、またはポイントから残高をチャージして、Apple Pay/Google Payでのお買い物に利用できるスマホアプリです。

  • Visaタッチ決済対応店
  • iD加盟店

上記のような店舗で利用することができますので、非常に幅広い店舗やサービスでVポイントを活用することが可能です。

 

Visaプリペイドカードにチャージ

Vポイントは、「Visaプリペイド」「かぞくのおさいふ」の残高に、1ポイント=1円としてチャージすることが可能です。

  • Visaプリペイド
  • かぞくのおさいふ

は、Visa加盟店でクレジットカード同様に利用できるプリペイドカードです。

 

三井住友カードの支払い金額にキャッシュバック

Vポイントを1ポイント=1円として三井住友カードのお支払い金額に充当させることができます。

三井住友カードで支払った利用金額をポイント払いできますので、Vポイントの使い道は無限に拡がりますね!

 

三井住友銀行の手数料に充当

「SMBCダイレクト」「三井住友銀行アプリ」からのお振込み時に、Vポイントを振込手数料の割引に充当できます。

 

投資信託を購入する

SBI証券での投資信託の買付にVポイントを1ポイント=1円として充当させることができます。

ポイントで購入した投資信託を売却する場合には現金で出金することができますので、実質、Vポイントを現金化することができますね。

 

Tポイントを貯めるなら「ファミマTカード」がおすすめ

ファミマTカード

年会費 無料
家族カード年会費 発行なし
ETCカード年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 200円(税込)=1ポイント(還元率0.5%)
海外旅行保険 付帯保険なし
国内旅行保険 付帯保険なし
  • ファミリーマートでいつでもTポイント最大2.0%
  • Tポイント加盟店なら還元率1.0%
  • 入会後5ヶ月間はファミリーマートで還元率5.0%
  • TSUTAYAレンタル登録料が無料

ファミマTカードは、ファミリーマートとポケットカードが提携して発行する、クレジットカード機能付きTカードです。

ファミマTカードでは、ファミリーマートでいつでも最大2.0%の還元率でTポイントを貯めることが可能です。

※画像出典:ファミマTカード公式サイト

また、ファミリーマート以外のTカード加盟店でも、Tカードの提示とクレジットカードの利用ポイントで合計1.0%の還元率でTポイントを貯められます。

入会後5ヶ月間はファミリーマートで最大5%のTポイントを貯めることもできますので、ファミリーマートでお買い物をする方なら作っておきたいクレジットカードです!

↓↓ファミマTカードのお申し込みはこちら

 

Vポイントを貯めるなら「三井住友カード ナンバーレス」一択!

三井住友カード ナンバーレス

年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 初年度:無料
2年目以降:550円(年1回の利用で無料)
国際ブランド Visa、Mastercard
ポイント還元率 200円(税込)=1ポイント(還元率0.5%)
海外旅行保険 最高2,000万円
国内旅行保険 付帯保険なし 
  • 対象のコンビニ・飲食店で還元率5.0%
  • 「家族ポイント」で最大10%ポイント還元
  • 選んだお好きな店舗でいつでも+0.5%還元
  • 「即時発行」で最短5分で即時発行

三井住友カード ナンバーレスは、三井住友カードの発行する、カード番号の記載されていないスタイリッシュかつセキュリティに配慮されたクレジットカードです。

三井住友カード ナンバーレスの最大のメリットが、対象のコンビニ・飲食店の利用でいつでも還元率5.0%でのお買い物が可能となっている点です。

※画像出典:三井住友カード公式サイト

対象店舗では、三井住友カード ナンバーレスでの支払い方法によって、2.5%~5.0%のVポイントが付与されます。

・三井住友カード ナンバーレスでのお支払い
・iD
・Apple Pay/Google Pay(iD)
還元率2.5%
・Visaのタッチ決済
・Mastercardコンタクトレス
・Apple Pay/Google Pay(Visaのタッチ決済)
・Apple Pay(Mastercardコンタクトレス)
還元率5.0%

カード、もしくはApple Pay/Google Payを利用したVisaのタッチ決済、またはMastercardコンタクトレスでのお支払いで還元率5.0%になりますので、対象店舗では必ずタッチ決済を利用するようにしましょう。

主要なコンビニチェーンをはじめ、身近な飲食店で還元率5.0%となるのは驚異的なメリットです。

  • セイコーマート
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ローソン
  • マクドナルド
  • すき家
  • ココス
  • はま寿司
  • サイゼリヤ
  • ドトールコーヒーショップ
  • エクセルシオールカフェ
  • かっぱ寿司

さらに、対象店舗での利用では「家族ポイント」に登録されている家族の人数によって、最大+5.0%のVポイントが付与され、最大還元率10%を実現することができます。

対象のコンビニ・飲食店の利用時に、家族ポイントに登録した人数×「+1.0%」のポイントが加算され、最大で+5.0%の加算が可能です。

  • タッチ決済の利用で還元率5.0%
  • 家族5名の登録で還元率+5.0%

このように、対象のコンビニ・飲食店でいつでも還元率10%でのお買い物が可能となりますので、まぎれもなくコンビニ最強クレジットカードと言って良いでしょう!

↓↓三井住友カード ナンバーレスの申し込みはこちら

 

ポイントの勢力図を変える新ポイント誕生に期待大!

TポイントとVポイントが統合されることで、会員数は1億2,000万人を超え、日本最大級のポイントサービスとして生まれ変わります!

近年、共通ポイントでは、還元率の改悪や提携終了などの暗いニュースが目立ちますので、共通ポイントの勢力図を変える統合のニュースが起爆剤になってくれることに期待したいですね。

当サイトでも、TポイントとVポイントの統合について、詳細の続報が入り次第お知らせします!

 

【関連記事】

Tカードプラス PREMIUMは還元率2%でTポイントが貯まる?!年会費実質無料

三井住友カード ナンバーレスは最短5分で即時発行!審査についても徹底解説

 

TポイントとVポイントの統合に関するQ&A

ここでは、TポイントとVポイントの統合に関する良くある質問に、Q&A形式でお答えしていきます。

 

Q TポイントとVポイントが統合されるのはいつ?

A 2024年春が予定されています

2024年春にTポイントとVポイントが統合され、新ポイントのブランドが立ちあげられる予定です。

 

Q 統合まではTポイントとVポイントのどっちを貯めておくべき?

A Vポイントの方が貯めやすいと考えられます

基本的には、自分のライフスタイルで貯めやすいポイントを選ぶべきです。

三井住友カード ナンバーレスを使用すれば、対象のコンビニ・飲食店で還元率5.0%でVポイントを貯められるため、貯めやすい方が多いと考えられます。

 

Q TポイントとVポイントが統合されたら、今使っているカードは使えなくなるのですか?

A 現時点では統合後の詳細は決まっていません

ただし、一般的には、Tカード一体型クレジットカードや三井住友カードが、サービス統合後に廃止になるとは考えにくいです。

 

Q TポイントをVポイントに交換できますか?

A TポイントからVポイントの交換はできません

 

Q VポイントをTポイントに交換できますか?

A 交換可能です

ただし、Vポイント1ポイント=Tポイント0.8ポイントと、交換レートが低いため、交換せずに利用した方がお得です。

アドセンス

アドセンス

-キャッシュレス, 共通ポイントが貯まる

Copyright© クレカードローンZ , 2022 AllRights Reserved.